福島高校ニュース

2019年3月の記事一覧

【1学年】学年集会を行いました

3月20日、1学年最後の学年集会を行いました。

集会では、まず、今年度の振り返りを行い、自分が挑戦すべき目標に向けて準備すべきことを考えました。また、国語、数学、英語の担当者から、春休みも含めた今後の学習の仕方についてのアドバイスがありました。

 

歩こう会が行われました。

 

3月15日(金)に「歩こう会」が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気にも恵まれ、生徒たちは福島近郊を遠歩することで福島市周辺の地理的理解を深めることができました。

また、本校から十六沼公園まで往復約20kmのコースを完歩することにより、心身を鍛え、友人との親交を深めることができました。

【1学年】メンタープロジェクトが行われました

3月5日、本校を卒業した大学生を講師に招き、メンタープロジェクトが行われました。

2学年を間近に控えたこの時期に、現時点でやるべきことを確認したり、進路実現のための今後の計画を立てるため、先輩方の講話を聞きました。

放課後は交流会が行われ、参加した生徒たちは先輩方に積極的に質問していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第71回卒業式が行われました。

3月1日(金)に第71回卒業式が行われ、316名が本校を卒業しました。
卒業生は、一人ひとり呼名され、代表が校長より卒業証書を授与されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

校長は式辞の中で「長い人生の中では、皆さんはまだつぼみをつけたに過ぎません。美しい花を咲かせ、たわわに実を付け、世の中にしっかりと根を下ろして活躍されることを期待しています。」と述べ、県議会議長様(代読)、PTA会長様、同窓会会長様よりご祝辞を頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

在校生代表は「きっと、先輩方はこれから新しい世界で更なる活躍を続け、多くの人へ光と幸せをもたらしていくことでしょう。」と送別の言葉を述べました。卒業生代表は、卒業3年間の思い出を語った上で「伝統は守るものではありません。築き上げるものです。」と述べ、「これからも福高を発展させてください。」と在校生にエールを送りました。

式の最後には校歌を斉唱し、感動に包まれ閉式しました。

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
皆さんの今後の活躍に期待します。