福島高校ニュース

2013年6月の記事一覧

エッグドロップコンテスト

6月7日(金)から、1年生のSSH探究の時間において、エッグドロップコンテストが始まりました。
エッグドロップコンテストとは、高い場所から卵を落としても割れないような衝撃吸収装置を限られた材料から作成するコンテストです。
本テーマで全3回の授業が予定されています。
  • 第1回 エッグドロップコンテスト(挑戦)
  • 第2回 講義「衝撃とは?」
  • 第3回 エッグドロップコンテスト(本番)
第1回 エッグドロップコンテスト(挑戦)今回は生徒の今持っている知識と発想で、実際に衝撃吸収材を作成してもらいました。用意された材料は、画用紙とタコ糸のみ。この限られた材料で、試行錯誤しながら装置を設計・作成していきます。エッグドロップ1 完成したら、実際に学校の3階から落下させます。
エッグドロップ 結果・・・成功した班は8班中1班でした。 次回、衝撃についての講義を行い、最終回では再度コンテストが行われます。


Google Science Fair in 東北 & 研究室訪問

5月18日(土)にGoogleが主催する「Google Science Fair in 東北」に生徒2名、引率1名で参加しました。
この企画は、被災三県の高校生を対象とする科学技術コンテストです。
今回はキックオフミーティングということで、50チームほどが参加し、東北大学さくらホールにおいて行われました。
まず各チームに東北大学大学院生がメンターとして配置され、自己紹介、研究活動の相談等を行いました。また情報交換するためのネットシステムの構築も行いました。途中、Googleスタッフの方々の熱いメッセージやアドバイスをいただき、大いに盛り上がりました。
お世話になった皆様 ありがとうございました。8月17日の発表会に向けて、頑張っていきます。 また、帰りにいつもお世話になっている生命科学研究科の渡辺正夫先生の研究室を訪問しました。研究室の設備見学や雑談をしながら、進路選択、目的を明確に持つことの重要性等についてアドバイスをいただきました。ここでも生徒はとても刺激を受けました。
渡辺先生 ありがとうございました。