福島高校ニュース

2013年8月の記事一覧

Google サイエンスフェア in 東北

8月17日(土)
 Google サイエンスフェア in 東北 が仙台で行われました。このサイエンスフェアは東日本大震災の被災3県(岩手県、宮城県、福島県)の高校生を対象とした課題研究発表会です。40件弱のグループが参加し、口頭発表、ポスター発表を行いました。
 本校からは「都市鉱山の採掘」、「藻の研究」の2件発表しました。
 発表を行うにあたり、年度当初より東北大学の学生さんが張り付いてくださり、発表前まで様々なアドバイスをいただきました。このようなスタイルの取組みはこれまであまり例がなく、面白い取組みであったと思います。
残念ながら賞を獲得することはできませんでしたが、発表を通じて今後の研究に対するアドバイスをたくさんいただくことができ、収穫の多い発表会でした。
 企画していただいたGoogleの皆様、東北大学の皆様、ありがとうございました。
 

 

SSH生徒研究発表会に参加してきました。

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)生徒研究発表会(8月7・8日、パシフィコ横浜)に参加してきました。

校内での選考を経て、化学班『バイオマスとしてのダイコンの可能性を探る~生分解性プラスチックの合成をめざして』のメンバー3名が、本校の代表としてポスター発表に参加しました。

全国・海外から約200校が集まる中、来場者に研究内容を説明し、質問に答えながら議論を深めた2日間でした。

また、東京女子医科大学最先端研究センター 岡野光夫氏の講演をはじめ、他の高校の研究内容や研究に対する姿勢、プレゼンテーション力といったレベルの高さに、大きな刺激を受けたようです。
この経験を生かし、研究の質をより高めていきたいと考えています。

2年生関東研修が行われました

8月7~8日、1泊2日で探究クラス2年生の生徒16人が研修旅行に行ってきました。

研修場所は横浜市にあるパシフィコ横浜。同日程で開催されていた、『スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会』の見学をしてきました。

~スーパーサイエンスハイスクール(SSH)生徒研究発表会~
全国のSSH指定校から各校代表1班が発表する大会で、特別参加の海外校も含め約200校のポスター発表があります。その中でも、SSH指定3年目で、かつ優秀な発表であると1日目に評価された代表4校は、2日目に口頭発表を行います。



1日目

昼、会場に到着し、昼食を食べてからポスター発表の見学を行いました。他校がどんな研究をしているかだけでなく、その研究内容を『どのように』伝えているか、にも重点を置き見学。夜にはホテルの研修室を借りて、見てきた他校の発表内容について発表し、討論しました。

 

2日目

午前中は、代表4校による口頭発表が行われました。実験で得られた結果から更に考察、及び追実験等により深化した素晴らしい研究発表でした。午後、短時間ではありますがポスター発表が行われ、閉会式となりました。

 

本校は今年、SSH指定2年目なので、来年度に代表校となる可能性があります。来年度、どのような形を目標としていくか、生徒も色々と考えながら見ていたようでした。