福島高校ニュース

2015年2月の記事一覧

シンガポール ISYF 2015 参加

1月18日~22日
シンガポール Hwa Chong Institution(HCI) で開催された International Science Youth Forum (ISYF) に日本代表として、生徒2名、引率1名で参加しました。これは昨年10月に行われた高校化学グランドコンテストでの受賞によりご招待いただいたものです。

 HCI はシンガポールの最も優秀な学校の一つで、日本の中高一貫校に相当します。卒業生の多くが世界のトップレベルの大学に多数進学することでも有名な学校です。広大な敷地に南国基調の校舎、講堂、運動施設などがあり、施設だけでも最初から驚きの連続でした。

 ISYFはHCIが主催する科学のイベントで、今回が7回目とのこと。世界19カ国から生徒、教員あわせて200名ほどが集まり科学に関連する多彩な取組を行いました。

 最大の特徴は、ノーベル賞、フィールズ賞受賞者が多数(今回は7名!)参加されることです。
  
     HCI 校舎の様子(ほんの一部です)                  交流会

  ノーベル賞、フィールズ賞受賞者は毎年複数名参加されているとのこと、HCIの校舎の一角には、過去に来校された受賞者のパネルがずらりと並んでいました。今回は研究に関する講義、パネルディスカッション、ダイアログなど様々な取組に参加してくれました。いずれもHCIの生徒が運営や司会を担当しており、その能力の高さに圧倒されました。
 
 過去来校されたノーベル賞受賞者のパネル     生徒司会のパネルディスカッション

 日本からの参加は我々のみ、またそれぞれが別グループにいたため、日本語で話す機会はあまりありませんでした。全て英語でのやり取りを強いられましたが、その分、英語コミュニケーション力はかなり鍛えられました。
 
    ↑文化交流(発表)                      ↑文化交流(デモンストレーション)
 
 ↑校舎内オープンスペースでの食事         ↑ノーベル賞受賞者も参加した最後のディナー

 研究発表、文化交流、成果発表等を通じて、世界の方たちと交流できたことは大きな経験となりました。お世話になった皆様、ありがとうございました。