福島高校ニュース

2017年3月の記事一覧

医療系セミナー in 南相馬市立総合病院

 3月11日(土) 南相馬市立総合病院に医療系セミナー21名の生徒が訪問しました。3年間大変お世話になっております及川先生から病院概要の説明と講演「東日本大震災が地域に及ぼす影響」、尾崎先生からは「震災6年後の被災地の医療」についてのほか、受験のお話も合わせた講演がありました。午後からは、澤野先生、藤岡先生、小野田先生をファシリテーターに医療スタッフの皆様とともに「原発事故直後の病院運営について」「長期間の避難について」「風評被害をなくすには」をテーマにディスカッションを行いました。難しいテーマではありましたが、生徒も積極的に意見を出し合い実りある時間を過ごすことができました。休日中、我々のために時間を割いていただきまして、及川線先生をはじめ、多くの医療スタッフの皆様、本当にありがとうございました。先生方のように、将来、福島県を背負う医療人になることを期待したいと思います。







平成28年度 生徒研究発表会

3月4日(土)
 本校体育館にて、生徒研究発表会を開催しました。





 

 今年度の研究発表会では探究クラスによる課題研究や各学年によるSSH総合、海外研修などの成果報告の口頭発表が6件、ポスター発表が66件と、例年に比べて様々な分野から多数の参加がありました。研究発表や質疑応答などの意見交流の場面では、自分の知らないことを積極的に聞こうと、生徒による主体的な学びがおこなわれていました。
 ポスター・口答発表の後には学年ごとに勝ち上がったチームでディベートの決勝戦が行われました。テーマに対して肯定側と否定側に分かれて、それぞれ論拠を示して激しく意見を戦わせました。2学年の優勝は2年4組、1学年の優勝は1年4組でした。
 本校の研究発表会に足を運んでくださった方々、御礼申し上げます。