福島高校ニュース

2017年5月の記事一覧

GWサイエンスフェスティバル

5月3日(水)~5月5日(金)の3日間、郡山市ふれあい科学館にて「サイエンスフェスティバル」に参加させていただきました。昨年度よりパワーアップした企画ができるよう、生徒たちは一生懸命考え準備していました。また、当日3日間とも、生徒達は工夫しながら説明しており、科学普及の大変さと楽しさを強く実感している様子でした。
関係者の皆様、ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。



東北大渡辺正夫先生特別講演会

4月28日(金)1年ベーシック探究の特別講演会が行われました。これは1年生全員が対象で、これまで「SSH総合」と称していたものが3期目からは「ベーシック探究」となります。
ベーシック探究では、「課題発見・課題解決により習得する創造的思考力」、「確かな情報収集・分析に基づく表現力・発信力」の育成を仮説とし、これらの資質・能力の醸成を目指します。
今回はキャリア教育の一環として、東北大学大学院生命科学研究科植物生殖遺伝分野教授の渡辺正夫先生をお招きし、「進路、人生をこれと思う方向に進めるために!」という表題で特別講演をしていただきました。


続いて、2年探究および1年アドバンス探究の生徒へ向けて「SSH課題研究を始めるに当たって」という表題で特別講演をしていただきました。その後座談会も行われ、貴重なアドバイスを多くいただきました。

SSHアドバンス探究1年開講式

4月26日(水)にSSHアドバンス探究1年開講式が行われました。SSH3期目の1期生となるため、これまで「探究」と称していたものがこの学年から「アドバンス探究」となります。

インフルエンザによる学年閉鎖の影響で例年より遅い開講となりましたが、32人が無事スタートを切りました。真剣な面持ちで担当教員の話に聞き入り、決意を新たにした様子でした。


25日(火)には部活動登録がありました。SS部にはアドバンス探究の生徒を含む40名の1年生が入部しました。