福島高校ニュース

2017年12月の記事一覧

パソコン甲子園2017

11月3日(金)、4日(土)に会津大学において「パソコン甲子園2017」が開催されました。

モバイル部門の今年のテーマは「友と学ぶ」で、全国16道府県から31チームの応募があり、書類審査の結果10チームが本選に出場しました。

 


参加した3名は、「大会に出場できる誇りを胸に、これまでの努力を発揮し、情報社会に貢献できるよう正々堂々と戦います」と選手宣誓を行いました。

 

11月3日(金)は、予選を勝ち抜き、同じ目標を持った84名の出場者との交流会が行われ、とても良い刺激を受けました。

 

今年の4月に情報班を立ち上げ、まだ半年ですが高校生らしい「力学の理解を助けるアプリ」をAndroid上で開発し、堂々のプレゼンを行い、来場者から多くの関心と質問を受けました。

課題研究が本格始動(1学年)

 12月6日(水)5~6限に1学年のベーシック探究が行われました。今回は来年度から全員が取り組む課題研究の中心テーマの発表と中心テーマから連想するキーワードを挙げることを目的に行われました。
 課題研究の中心テーマは「エネルギー」です。生徒たちは「エネルギー」という中心テーマから発想豊かに沢山のキーワードを挙げました。積極的に意見を出し合う生徒たちの活動の様子から、文系分野・理系分野問わずさまざまな課題研究のテーマが生まれることを予感させられました。
 活動の様子①グループごとに中心テーマから連想するキーワードを沢山挙げました。今回のグループは1組~8組までの同じ出席番号の生徒が集まっています。
 
 活動の様子②グループ間でキーワードの発表を行い、さらに発想を膨らませました。積極的な意見交換がされる素晴らしい発表でした。

 次回のベーシック探究では、今回挙げられたキーワードをもとに課題研究の班編成を行う予定です。