学校行事・部活動通信
福島高校ニュース

[学校行事・部活動]

「梅章の教え」をよりどころに

 本日は、福島高等学校第73回卒業式を挙行しました。

 今年の卒業式は、新型コロナウィルス感染症対策に加え、2月13日の大地震の影響により、会場を第2体育館に変更し式全体を縮小せざるを得なくなりました。そのため、保護者の皆様に出席していただくことができなくなったことはとても残念でした。保護者の皆様には「卒業式のライブ配信」を行い、その様子をご覧いただきましたがいかがだったでしょうか。

 卒業生313名への卒業証書授与の後、竹田校長は式辞で「先行きの不透明さが増す時代には、確かなよりどころを持つことが大切であり、そのよりどころはまさに「梅章の教え」です。「梅章の教え」に立ち返って人生を歩んでください。」と述べ、卒業生たちに「梅章の教え」の大切さを改めて伝えました。

 御来賓のPTA会長様からは保護者として、同窓会長様からは先輩として「行動した先にのみ夢の実現があります」「国内外で活躍する先輩・仲間を頼ってください」とのはなむけの言葉を頂戴しました。

 佐藤生徒会長は在校生を代表して「困難にぶつかりながらも前進し続ける先輩の姿から、真の福高生の姿を学びました。この素晴らしい伝統をしっかりと後輩に伝えていきたいと思います。」と、バトンを引き継ぐ決意を先輩方に伝えました。

 卒業生を代表の佐々木君は、「様々な困難な中でもこのように卒業式を挙行して下さったことに感謝します」「世界を再び繋ぎ直すことは大変ですが、知識・行動力・つながりを大切にして、よりよく繋ぎ直したいと思います」と力強く誓ってくれました。

 今年度の卒業式は特別な卒業式となりましたが、自分たちの未来は自分たちで切り拓くという福高生らしい力強さ感じた卒業式でした。「梅章の教え」を学んだ未来のファーストペンギンたちに幸多かれと祈ります。

   

【2学年】ディベート・学年代表決定戦②

2月3日(水)の5時間目・6時間目を利用して、学年代表決定戦を行いました。

今回は、トーナメント戦(4クラス)とリーグ戦(3クラス)の残りの試合をしました。

先週に引き続いて、熱戦が繰り広げられました。

その結果、トーナメント戦からは7組、リーグ戦からは6組が決勝戦へと駒を進めました。

この2つのクラス代表が2月20日(土)に行われる生徒研究発表会で決勝戦で対決します。

 

 

【2学年】課題研究・学年ポスター発表会

1月29日(金)に課題研究の学年ポスター発表会を行いました。

SDGsをテーマとして2学年を63グループに分けて活動を行ってきました。

三密にならないよう、発表会場を分散させるなど試行錯誤しながらの発表会となりました。

コロナウィルスの影響で、予定の研修旅行が行えなかったことなどがありましたが、一人ひとりの頑張りにより、ここまで来ることができました。

学年発表会での反省点や改善点を踏まえ、2月20日(土)の生徒研究発表会では完成版をお披露目したいと思います。

【2学年】ディベート・学年代表決定戦①

1月27日(水)5時間目のホームルームを利用してディベートの学年代表決定戦を行いました。

7クラスをトーナメント(4クラス)とリーグ戦(3クラス)に分けて対戦します。

トーナメントの勝者とリーグ戦の勝者が2月20日(土)に行われる生徒研究発表会にて決勝戦で対決します。

今回は第1ステージとして、トーナメント1回戦(2試合)とリーグ戦の1試合を行いました。

今年は、感染症を考慮して物理講義室より各クラスにオンライン生中継をする形となりました。

昨年に続いて、熱戦が繰り広げられています。来週の水曜には第2ステージを行う予定です。

福高生、勉励せよ。

 本校は明日から冬季休業に入ります。通常であれば体育館で全校集会が行われますが、県内でもコロナウイルス感染者が増加傾向にあることから、今回はやむなく放送による集会となりました。

 校長先生の話に先立ち、活躍した部活動の紹介が行われました。大会の中止や縮小、開催方法の変更などのため、例年とは異なる状況が続いています。その中でも、テニス部男子の県大会団体3位をはじめ、SS部の科学の甲子園福島県大会準優勝、合唱部、梅章委員会、書道部、個人外部表彰など、生徒たちは素晴らしい活躍をしました。

 集会では、校長先生から「本校の「梅章」のおしえにある『勉励せよ』とは『勉め励むこと』の意である」「君たちは一体何に勉励するのか? もちろんすべてのことに勉励しなければならない。」「福高生に冬休みはない。勉励せよ」と激励の言葉をいただきました。

 厚生部長からは、「今は誰がコロナウィルスに感染してもおかしくない状況であり、福高生も例外ではない」「私たちには適切な感染予防と理性・知性ある言動が求められている」「感染者を特定したり誹謗中傷したりすることは決してあってはならない」「人を思いやる心・優しさを発揮しなければならない」という話がありました。感染防止とともに人としてあるべき姿を示したとても大切なお話でした。

 コロナ禍にあっても勉励し、逞しくも思いやりの心を持った福高生に成長することを期待しています。

[1学年] 進路講演会を行いました。

 10月9日、1学年進路講演会を行いました。

「受験を取り巻く情勢」「学習の取り組み方」についてご講演をいただき、

進路実現へ向けて、より明確なビジョンを持つことができました。

今年度初めての全校集会を行いました

 2期制の本校は今日が前期の終了日で、今年度初めての全校集会を行いました。
コロナ禍の影響で、これまで放送による集会?を行ってきました。しかし、全国的に集会の持ち方などの規制が緩和されつつあることから、全校生徒が一堂に会し、部活動等での仲間の活躍を称え校長先生の熱いメッセージを共有することは大切であると考えたからです。もちろん、体育館のすべての窓・扉の開放、全員マスク着用・無言・入場時の消毒、生徒同士の間隔を最大限にとるなどの感染防止対策を徹底しました。
 校長先生の話に先立ち、FF祭の最優秀賞や校長賞などを表彰し、陸上の代替大会100mで優勝した志賀君や囲碁新人大会で優勝・準優勝した丹野さんと佐藤さんなど、県大会で活躍した生徒に賞状を伝達しました。
 校長先生のお話のタイトルは「私にとっての10月」。実は、校長先生が学生時代に学んだ研究室はノーベル賞を受賞した福井謙一先生と吉野彰先生の2人を輩出し、福井先生の研究成果「フロンティア軌道理論」が引き継がれていく中で、私たちの殆どがお世話になっているタッチパネルの導電性高分子が生まれたのだそうです。校長先生は自分の学生時代を振り返り、「毎年10月になると、誰がノーベル賞を受賞するのかという期待と、自分がしていることが将来何につながるのかはわからないという思いを感じます」と結びました。
 「将来何につながるのかはわからない」という言葉の捉え方は人それぞれですが、勉強も人間関係も今までに得られた全ての経験を生かそうとする気持ちを持ち続けることが大切なのかもしれません。

 

 

 

 

【3学年】第3学年PTA総会が行われました

9月14日、第3学年PTA総会が行われました。総会の中では、進路担当者より今後の進路指導についての説明がありました。

総会の後は、駿台予備学校の重藤賢次氏による、「大学受験を前に~親としておさえておきたいこと~」という演題での講演会が行われました。

 

【2学年】課題研究中間発表会

本日2学年において、課題研究の中間発表会を行いました。

国連の持続可能な開発目標「SDGs」をテーマとして、学年を63のグループに分けて探究活動をしています。

今回、ポスター発表形式で中間発表会を実施いたしました。

コロナ対策として、三密を避け、マスクの着用、発表会場の分散など注意をしながら行いました。

今週の金曜日には、福島大学より先生方をお迎えして、第2弾を実施する予定です。