福島高校ニュース

カテゴリ:学校行事

令和元年度「梅苑祭」の開催について(再掲)

今年も本校文化祭「梅苑祭」を下記の通り開催します。

クラス企画・文化部発表展示・有志発表・ウメ横(飲食物販売)など

これまでの内容を踏襲しつつ、令和という新時代にふさわしい"新しい

梅苑祭"をお届けするべく、梅苑祭実行委員を中心に日々準備に励んで

おります。是非とも会場へ足をお運びいただき、生徒達の努力の成果

を御覧ください。多くの皆様の御来場を心よりお待ちしております。

 

日時:

8月24日(土)

10:15~      オープニングセレモニー           

10:30~14:00 一般公開

8月25日(日) 

 9:30~14:30 一般公開

 

会場:本校校舎ならびに

   第1・第2体育館

 

※一般駐車場はありませんので公共交通機関もしくは自転車を御利用ください。

※上履きと下足入れを御持参ください。

※中学生・高校生の方は入場受付の際生徒手帳を提示いただきます。

 

今年度のポスターはこちら→R01梅苑祭ポスター.pdf

対面式

4月9日(火)、対面式が行われました。

生徒会長から新入生に対して歓迎の言葉が述べられ、新入生代表からは上級生への挨拶がありました。

また、上級生は校歌と応援歌を披露し、手本を示しました。

入学式

4月8日(月)に入学式が行われ、280名の入学が許可されました。

学校長からは「変化の激しい世の中で、答えの分からない問題に対して自分がどうすべきか導き出すことができるようになってほしい。」との式辞がありました。

また、来賓の方々からも祝辞を賜りました。

入学式終了後、合唱部が、澄んだ歌声とともに校歌を紹介しました。

8月18日(金)の時間割

明日18日の日程、時間割変更についてお知らせします。

通常どおり登校し、8:40~9:10に大掃除を行い、
9:15より45分授業で実施します。
時間割変更については、以下をご覧ください。

1年生


2年生


3年生

日英サイエンスワークショップについて

日英サイエンスワークショップについて

本校生徒10名が、平成29年7月12日から23日まで英国での日英サイエンスワークショップに参加しました。
UCL(University College London)や王立研究所での研修を経て、ケンブリッジ大学での研修プログラムや文化交流会等を行いました。

春の防災訓練が実施されました。

6月7日(水)5校時に春の防災訓練が実施されました。目的は災害時における安全かつ迅速な避難の徹底を図るためです。午後1時30分の緊急放送後、全校生徒・全職員が指定の避難経路を通りアスファルトコートに避難。人員点呼と本部への報告が終了後、校長先生から講評がありました。あらためて災害時の心構えを再認識する行事となりました。

第5回・第6回リベラルゼミの報告

 10月10日(金)の第5回リベラルゼミでは、社会活動家の湯浅誠先生をお迎えして、著作『ヒーローを待っていても世界は変わらない』をふまえた講義をしていただきました。湯浅先生からは「見えないことは無視につながり 関心は尊重につながる」というお言葉をいだだきました。参加した生徒からは、「民主主義という制度について深く考える契機になった」、「自分から行動することの必要性を感じた」、などの感想が挙がりました。


 10月17日(金)の第6回リベラルゼミでは、元国会東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)委員事務局調査統括補佐の石橋哲先生をお迎えして、昨年に引き続き「国会事故調査委員会からの報告」をしていただきました。石橋先生の「自分を変えることにワクワクを!」というメッセージが生徒たちに強く響いたようです。また、「福島出身にもかかわらず原発事故について知らないことが多すぎた」という感想が多く挙がりました。

 今回のリベラルゼミの講義には「自分がどう行動するか」という共通した内容が含まれていたこともあり、両方に参加した生徒は特にそのことを感じたと思います。次回のリベラルゼミにも多くの生徒の参加を期待しています。

難関大学セミナー

8月17日(日)~19日(火)、1学年で難関大学への進学を希望している生徒を対象としたセミナーを安積高校と合同で実施しました。北九州予備校で予備校講師による講義を受けたり、東京大学や東京工業大学、一橋大学に在学中の福島高校・安積高校の卒業生にお話を伺ったりしました。また、東京大学大学院経済学研究科教授の松井彰彦先生と東京工業大学リベラルアーツセンター教授の上田紀行先生の大学模擬授業を受けることもできました。参加した生徒達は充実した時間を過ごすことができ、今後の学習意欲が大いに高まりました。


キャリア探求講話(兼 PTA進路講演会)・リベラルゼミ

6月18日(水)、1・2学年及び保護者を対象としてキャリア探求講話(兼 PTA進路講演会)が実施されました。講師には国立情報学研究所社会共有知研究センター長・教授であられる新井紀子先生をお迎えして、「ロボットは東大に入れるか~人工知能に取って代わられることのない能力を育てるために~」という演題で講演いただきました。チェスや将棋、大学入試などの具体的お話を通して、人間と機械との関係を考える貴重な機会となりました。また、放課後はリベラルゼミが開講され、40名程度の生徒が自主的に参加しました。積極的に質問をする生徒が多く、新井先生の解説に真剣に耳を傾けている姿が印象的でした。