スーパーサイエンスハイスクール通信

SSH第3期

NEW平成29年度指定第4年次報告書.pdf 平成29年度指定第3年次報告書.pdf 

平成29年度指定第2年次報告書.pdf 平成29年度指定第1年次報告書.pdf

SSH第2期

平成24年度指定第5年次報告書.pdf 平成24年度指定第4年次報告書.pdf

平成24年度指定第3年次報告書.pdf 平成24年度指定第2年次報告書.pdf

平成24年度指定第1年次報告書.pdf

 

福島県立福島高等学校は平成19年度よりSSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校となりました。現在は、第3期の指定(令和3年度まで)となっています。
SSH(スーパーサイエンスハイスクール)とは、文部科学省が指定する、理数系教育の充実を図る取組です。未来を担う科学技術系人材を育てることをねらいとしています。科学技術、理科・数学教育を重点的に行うSSHでは、大学や研究機関とも連携して魅力的なカリキュラムを開発していきます。

福島高校ニュース

[スーパーサイエンスハイスクール]

【日英SW】日英サイエンスワークショップ終了

7月23日(金)に日英サイエンスワークショップ・最終プレゼンテーションが行われました。

ZOOMを使って、プレゼンテーションを行いました。日本とイギリス全体で100名近くの参加がありました。

日英サイエンスワークショップは、サイエンスを通しての海外交流プログラムです。

ただ文化交流をするだけのプログラムではありません。

今回は、ケンブリッジ大学、東北大学、京都大学の教授の研究室活動(全て英語)をし、

その研究室活動をプレゼンにまとめました。(全て英語)

 

以下に生徒たちの感想を掲載します。

5日間のこのワークショップを終えて、私は新たな課題を見つけられました。それは、積極性と言語力です。オンラインでの交流は言語の壁を感じることが多かったり、自ら話さないと単なる観客になったりしてしまうことがありました。今回の自分の反省点や後悔した点を、今後の言語学習やコミュニケーションに生かしていきたいです。」

 

「私は、この日英サイエンスワークショップを通して、言語が異なってもコミニケーションをとれること、離れていても心を通じ合えること、を身に染みて実感することができました。初めの方は、何を言っているのかわからず、何もしないままでいました。話そうと思っても、英語が出てこなかったからです。しかしそれでは、このワークショップに参加した意味がないと思い、積極的に発言しました。時にはジェスチャーを使い、時には紙に書いて画面に写したり、時には自分の画面を共有したり。様々な方法で自分の意見を伝えようとしました。イギリスの生徒は、私にゆっくり話してくれたり、チャットに何を話していたのか書いてくれたりしたため、日に日に活発に活動できるようになりました。また、イギリスの生徒は、とても面白く、何度も笑いあったり、顔で思っていることを伝え合ったりし、とても楽しかったです。今回の活動はすべてオンラインで行われたため、直接会って交流することはできませんでしたが、充実した時間を過ごすことができました。」

 

「本当にあっという間の一週間でした。実際にイギリスへ行き、顔を合わせられなかったことだけが心残りです。積極性の大切さを改めて感じることができました。毎日英語漬けの日々はとても幸せでした。素晴らしい機会を得られたことに感謝しています。」

 

「お昼から夜遅くまで、zoomを開いてオンライン上で交流をするという毎日、本当に大変でしたがその分とても充実した5日間になりました。英語があまり得意ではない私は、今回の日英交流を通して英語で自分の言いたいことを伝えられないもどかしさをとても感じました。でもそこで諦めるのではなく、なんとかして伝えようと絵を書いてみたり、難しい話題はzoomのチャット機能を使って単語を調べながら会話をしたり、様々な工夫をしました。英語が話せたら、お互いにとってもっと有意義な時間になっていたかもしれませんが、私は私が今できることを最大限しました。英語でのコミュニケーションという面でとても悩み、解決しようと努力したことは私を少しは成長させてくれたと思います。刺激的な5日間を送る事ができて、本当に良かったです。」

【日英SW】イギリスとのリハーサル

7月17日(土)の午後16時半から3時間程度イギリスとリハーサルを行いました。

この日初めてイギリスの高校生と日本の高校生が交流しました。

今回は、自己紹介、観光名所、訪問したい国などを話してアイスブレイクするのが目的です。

来週からいよいよ始める日英サイエンスワークショップですが、生徒たちが頑張ってくることを期待しています。

以下、生徒の感想を記載します。

 

 

「このようなワークショップに参加するのは、初めてでとても緊張しました。しかし、自分の発言に相手が反応してくれた時、とても嬉しく感じ、もっと積極的に発言したいと思いました。これから5日間、頑張りたいと思います。」

「オールイングリッシュで、メンバーは同世代の人達だったので、何気ない会話がとても楽しくて仕方がなかった!サイエンスに関する専門用語はもちろん、英語のスラングなどを沢山教えてもらえて、ワクワクが止まらなかった。静かに皆の意見を聞いているのではなくメンバーと積極的に関わることで距離がグッと縮まった気がした。積極的な発言の大切さを知った。」

「日本とイギリスの参加者揃っての交流は、今日が初めてでした。英語でのコミュニケーションは私にとって難しく、発言をするのはとても勇気がいりました。しかし、事前に英会話練習をしていたこともあり、前回JSSFに参加した時よりも積極的に会話をすることができました。『恥ずかしがらないで、単語だけでもいいから何でも伝えようとしなさい。発言をすることが大切なのです。』という、イギリスの方から頂いた言葉を心に刻み、積極的な発言を心がけて来週からの日英交流を頑張りたいと思います!」

「初めてのイギリス側との交流で、最初は緊張していたが、話しているうちに慣れてきて、自分から発言もできました。19日からのワークショップでも、自分の意見をしっかりと言えるようにしたいと思います。」

【日英SW】オンライン英会話(バークレイズ証券)

7月14日(水)の放課後にバークレイズ証券の方々とオンライン英会話を行いました。

昨年度はコロナウィルスの影響で中止になったこの日英サイエンスワークショップですが、

それまではバークレイズ証券のスタッフの方々と事前学習を行っていました。

今回もその事前学習の一環として、オンライン英会話の時間を設定しました。

バークレイズ証券のみなさま、快く引き受けてくださり、本当にありがとうございました。

一対一で英会話をしていただき、生徒たちにとってもとても有意義な時間となりました。

タイ王国プリンセスチュラポーン高校と安積高校生との国際共同研究を開始

2021年6月29日(火)よりオンラインを利用して国際共同研究活動を開始いたしました。この国際共同研究は本校生2名と安積高校の生徒3名、タイ王国チュラポーン高校生4名で行います。6月29日(火)は互いの自己紹介とテーマについての話し合い、7月6日(火)は互いの最近の良かった出来事を共有した後に、共同の研究テーマについて話し合いを持ちました。これから11月に開催されるJapan Super Science Fair ONLINEでの発表を目指して活動していく予定です。

 

 

[2学年] ベーシック探究<中間発表会>

 2学年では、昨年2月からSDGsを福島高校バージョンにとらえ、新たな目標も加えた18分野59班に分かれ、課題研究に取り組んでおります。またスーパーサイエンス(SS)部では、理数系のテーマ(20班)を掲げ、研究を重ねてまいりました。その中間発表会を7月5日に開催し、3年生や教員からの質問やアドバイスを受けながら、課題研究前半のまとめを行いました。

【日英SW】日英サイエンスワークショップ始動

7月5日(月)の放課後を利用して、オンライン英会話を行いました。

イギリスの高校生との交流プログラムである日英サイエンスワークショップに参加する生徒を対象にオンライン英会話を実施しました。

今回は、帯広畜産大の博士課程に在学中のタンザニア出身の方とZOOMを利用して会話をしました。

[2学年] SGDs講演会およびSDGsワークショップ

 「WORLD ROAD Inc.」共同代表を務める市川太一先生に来校いただき、『SDGs~目標の先にある夢・未来』について講演して頂きました。勉学の先にどんな未来が待っているのか、どんな未来が描けるのか、世界の視点から生徒たちの心を揺さぶる大変貴重なお話を伺うことができ、「世のためたれ」の校訓を掲げる本校生にとって、大変意味のある時間となりました。

 

 

 

福島大学附属中学校「総合的な学習の時間」で発表を行いました

6月26日(土)にSS部の生徒が福島大学附属中学校に講師として招かれ、総合的な学習の時間に探究活動の発表を行いました。

福島大学附属中学校は探究的な学習を重視し、各学年のテーマに沿って様々な取組を行っています。

研究発表をとおして、高校生が中学生に探究学習の手法や重要性、楽しさを伝えることで、学びがどんどん深まっていきます。

最初は緊張した面持ちでしたが、高度な質問が多く、質疑応答の楽しさも学ぶことができました。

また、最後には体育館の全体会で私が講演を行い、探究学習の意味や課題発見力・解決力を身に付ける大切さを説明しました。

中学生の皆さんの学びに向かう真摯な姿勢に触れ、私たちが元気をいただきました。今後も、様々なコラボを考えていきたいと思います。

【3学年】グローバルサイエンス(理型)

6月22日(火)にグローバルサイエンス(理型)を行いました。

1組~4組の生徒を対象に、外国人研究者に来校していただき、母国や研究の話をしていただきました。

(4人の講師のうち1人はZOOMを利用)

講義を聴いた後には、質疑応答、プレゼンテーションを行いました。

英語のみで行うため、生徒たちは苦労しているようでしたが、頑張ってくれました。

【3学年】グローバルサイエンス(文型)

6月15日にグローバルサイエンスを行いました。

日本で研究している外国人研究者に英語で講義をしていただく企画です。

今回はオンラインにて実施しました。

生徒たちは英語での講義に苦労しているようでしたが、

英語での質疑応答やプレゼンテーションを頑張って行いました。